ごぼうの豊富な食物繊維が健康効果を生む

ごぼう

ごぼうには多くの食物繊維が含まれています。
生のごぼうだけでなく乾燥したごぼうにも多く食物繊維が含まれており、しかも水溶性と不溶性のバランスが非常にいい食品となってます。

ごぼうから作られたごぼう茶は、その水溶性食物繊維によって腸内の善玉菌を増やして腸の状態をよくします。腸の状態をよくするので便秘気味な女性には人気があります。

ごぼうは腸にいいだけでなく消化吸収を穏やかにしてよい状態にするという効果もあります。
胃腸の消化吸収を穏やかにすることによりコレステロールの吸収を抑える働きをします。

ごぼうは新陳代謝もよくする働きがあり血液をサラサラにもして瘦せることもできます。
血液中のコレステロールを抑えることにより生活習慣病の対策にもなります。

食物繊維は現代人が不足しがちな栄養素

生活習慣病は現代の病とも言える病気です。
コレステロールや中性脂肪が増えて内臓脂肪となり様様な病気を引き起こす原因となってます。

栄養が偏っていることが原因で必要な栄養が摂取できてないということになります。
中でも食物繊維は1日20gの摂取が必要なため特に不足していることがわかっています。

普通の食事だけで食物繊維を20g摂取するのはかなりたいへんなことでもあります。

ごぼう茶には食物繊維が豊富に含まれており、ごぼう茶を飲むことで食物繊維を摂ることが出来ます。
ただし、ごぼう茶には独特な味があるので苦手な人も多く継続して飲めないのが弱点でした。

最近になってごぼう茶も改良されてきて臭みのない製法で作られて品質もよくなってきています。
飲みやすさも随分と改良されて来ていろんな商品が出てきています。

ごぼう茶が苦手だった人も継続して飲める商品があるかもしれないのでいろいろ試してみるものいいでしょう。

お茶として飲んだ後のごぼう茶を、料理等に入れるレシピもたくさん紹介されていますし、
インターネット等で調べてみるといろんなレシピがあるのがわかります。
お茶を作るだけでなく美味しい料理で、全て無駄なく使えるのは嬉しいです。

健康ブームと言われている最近では様々な商品がありますが、
栄養バランスの良い食生活を送ることは、本当に重要です。

健康的なものは不味いものが多いと言うのは、もう昔のことです。
美味しく作られた商品で、調理方法を工夫することで、
美味しく健康を手に入れられると、一石二鳥ですね。